スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『AV男優の病気事情』

まさにガテン系の仕事だね
(文/こんはじめ)

danyu1.jpg

『AV男優の病気事情』
 多くのAV女優さんとお仕事でセックスできるという、男なら誰でもウラヤマシイと思うし、一度はやってみたい?というAV男優のお仕事だが、実際のところはどうなのだろう。ある男優さんに話を聞く機会があったので、思い切って聞いてみた。「病気になった事はありますか?」彼は苦笑しながらも、キチンとこたえてくれた。

「それが、無いって答えたいんですが、一度だけあるんですよ」さすがに何の病気かは教えてくれなかったが、HIV以外の「いわゆる治る病気」だということは想像がついた。
「ちゃんとゴムをつけていたんですけどね」と言って、詳細を話してくれる。男優氏いわく、AV撮影では実際の収録時間よりも、さらに長い時間ピストン運動をするのだそうだ。もちろん、全ての撮影が同じではないそうだが、いわゆる「メインの絡み(セックス)」では、最低でも二十分以上はピストンするのだとか。
 そんな時は女優さんの性器も乾いてしまうし、裏技としてローションを使うこともある。だが、ローションは乾きが早く、結合部に多めに塗っても、短時間でカピカピになりやすい。すると、コンドームの根元部分が擦れて、結果的にペニスの根元が赤くただれた様な感じになってしまうこともあるのだとか。「ちゃんとゴムを付けていたにも関わらず、それでも感染したのは、ローションで根元が擦れたときに、それが傷口のように赤く腫れて、そこから感染したとした思えないんです」と本人も首をかしげながら話してくれた。
 もちろん、女優さんと唾液交換のようなディープキスをしたり、フェラやクンニなど、他にも粘膜同士が密着して感染した可能性も否定できないわけだが。実際には「男優さんも女優さんも、みんな気をつけていますよ」とは男優氏。
 さらに聞いた話では、アメリカで撮影があった際には、日本から出向く男優も女優も「HIV非感染証明書」を病院で書いてもらい、さらにそれを英訳して持っていかないと、作品に出演する事すら出来ないのだとか。さすがにHIV感染者が多い国は違う。だが、HIVも潜伏期間が三ヶ月程度あるのだから、百パーセント安全とはいえないわけだ。
 モテない小生からしたら夢のようなAV男優というお仕事だが、やはり病気のリスクとかを考えたら、AVを見ながらのオナニーが一番安全?ということだろうか。でも、それも悲しいな~トホホ。
(すすきタルン)

http://d2ch.dtiblog.com/blog-entry-33.html
以下読者のみなさまの反応
164:ともゆき 2010/08/22(日) 07:47:05
羨ましいと思ったこともあるけど、意外と大変だな~

178:名無しですが何か 2010/08/22(日) 23:16:56
中折れしたら監督に怒鳴られるんだろうか

189:名無しですが何か 2010/08/23(月) 09:56:54
AV男優になるには、どうしたらいいの?

209:名無しですが何か 2010/08/23(月) 21:53:22
>>189
汁男優とかやって監督に認められたりすればいいんじゃねーの?

225:名無しですが何か 2010/08/24(火) 16:17:08
たまに童貞募集とかしてるよな

394:名無しですが何か 2010/08/27(金) 17:00:52
>225 でも絶対童貞はいかないわな。

395:名無しですが何か 2010/08/27(金) 17:01:35
好みじゃない女とも仕事しなくちゃいけないから、大変だよな

568:YOSHI.T 2010/08/29(日) 11:03:16
こわいね。病気。この記事読んだら、女遊びがこわくなったよ。

1847:名無しですが何か 2010/09/22(水) 22:05:25
まさに体を張った仕事だな
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。