スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の潮吹き体験とテクニックを大公開!

あまり見たくないような・・
(文/こんはじめ)

astro.jpg

以前はアダルトビデオの中でしか見ることがなかった女性の潮吹きだが、そのテクニックを身に付けるようになった諸兄も多いことだろう。しかし、「潮吹き」は女性だけの特権ではない、と言ったら驚かれるだろうか? 実は男性だって「潮吹き」をするし、それを味わえることを売りとしている風俗店やアダルトビデオもあるほどだ。

潮吹きサービスがある都内某所の風俗店に通っているサラリーマンTさん(33歳)はこう話す。
「知り合いから『潮吹きしてもらえる』という噂を聞きつけ、単純な興味で行ってみました。ここはいわゆる性感エステで、マッサージサービスを受けながら、一度射精をしたのです」(Tさん)
普通の風俗であれば、ここでプレイは終わり。しかし、「男の潮吹き」はここからが本番である。
「射精直後も手コキが続くんです。個人差はありますが、これは想像以上に“キツイ”ですよ(笑)。僕の場合は『アワワ~』と腰が砕けそうになりますが、それでもお構いなしに強制手コキが続きます。ローションをたっぷりと付けられて、亀頭を中心に責められ続けること数分。次第に尿意を催すようになったかと思うと、ピュピュッと透明な潮が噴出! 射精とはまた違った快感でした。それからというもの、射精後は潮吹きがないと満足できない体になり、定期的に通うようになっています(笑)」(Tさん)

ネット上でも、男の潮吹きテクニックを紹介するサイトが多数ある。自分で潮吹きができるようになったという達人たちの教えによると、男の潮吹きは、尿道付近と亀頭上部への刺激によって起きるという。簡単にまとめるとこうだ。

射精をしたあと、左手でペニスを軽く握り、尿道を締め付ける

ローションをたっぷりと付けて、右の手のひらの窪んだ部分で亀頭を擦る

尿意をもよおしてきても、そのまま続けると、まさにお漏らししたかのように潮を吹く

以上が達人たちの教えであるが、括約筋の使い方や擦っている間の姿勢など、各々にコツがあるようだ。また、ローションには、潤滑性などの面でも優れている「アストログライド」という商品がオススメらしい。


astro2.jpg


男の潮吹きを「射精後地獄」と呼ぶお店もあるとか。潮は尿なのか分泌液なのかという“潮論争”は置いておいて、一度はその快感を味わってみたいものである。


取材・文/影山カオル

http://d2ch.dtiblog.com/blog-entry-100.html
以下読者のみなさまの反応
1521:名無しですが何か 2010/09/14(火) 08:24:30
試してみるぞ~

1522:名無しですが何か 2010/09/14(火) 09:27:33
まずはローション買ってみるか

1526:名無しですが何か 2010/09/14(火) 12:01:48
結局これは地獄なの?快感なの?w

1532:名無しですが何か 2010/09/14(火) 12:11:00
辺りを汚さずに吹けるなら、いいかもしれない

1533:名無しですが何か 2010/09/14(火) 12:12:11
ケツの穴から出るのかと思ったww

1537:名無しですが何か 2010/09/14(火) 14:56:23
普通のローションでも出来るよ。
一回イッタ後に手の平で亀頭を集中的に擦れば出る。
風呂でやれば後片付けも楽だよ。

1538:名無しですが何か 2010/09/14(火) 15:48:28
>1533
下痢じゃんw

1544:名無しですが何か 2010/09/14(火) 15:56:23
>1537
風呂って、妄想で2回やんの?
おかず欲しいぞ

1545:名無しですが何か 2010/09/14(火) 15:56:47
管さんおめ

1547:名無しですが何か 2010/09/14(火) 19:09:31
小沢乙

1548:名無しですが何か 2010/09/14(火) 19:12:19
賢者タイムにそんなことしたくないぞ。。

1549:名無しですが何か 2010/09/14(火) 20:17:17
↑性欲が消えても続けなきゃいけないから「射精後地獄」なのかも

1558:名無しですが何か 2010/09/15(水) 08:16:34
出せればそれでいい

1573:名無しですが何か 2010/09/15(水) 17:15:22
病みつきになるらしい・・・

1582:名無しですが何か 2010/09/15(水) 18:32:30
気になるな
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。