スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【海外】体重160kg超ならバーガー無料、痩せる気のない人には天国なバーガー店。

さすがはメタボ大国とでも言った所か。
食費がかからないのは羨ましい。

両国近辺に作ってくれれば、力士の賭博も減るかもしれないな。。w

(Kasumi 著.)

2010-11-10-172742.jpg


1 : ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★:2010/11/11(木) 10:22:46 ID:???
体重が増え、ちょっと太ってきたか……と思い始めたとき、体型や健康を気にして高カロリーなモノ
を避けるなど、食事に気を遣う人は多いだろう。しかし、米国には「そんなことはお構いなし」と
言わんばかりのハンバーガー店がある。その名も「ハート・アタック・グリル」。店名に“心臓発作”と
付いたこの店は、メニューはハンバーガーにポテトと少ないものの、とにかく量が多く、高カロリー
なのが特長。数年前から日本でも何度か話題となったことがあるが、最近また複数の米メディアが紹介
したことをきっかけに、再び同国内で注目が集まっているようだ。

http://www.narinari.com/site_img/photo/2010-11-10-172742.jpg

アリゾナ州チャンドラーにある同店は2005年にオープン。その過激なコンセプトがウケ、これまで
もたびたびメディアが取材に訪れる人気店となっている。「ハート・アタック」と挑発的な名前を掲げる
この店は、ハンバーガーやフライドポテトなど、高カロリーと目の敵にされる商品イメージを逆手に
取って宣伝しているのが売り。店が「死ぬほどうまい」と豪語するこの2つのメニューに、コーラ
などのドリンク、タバコなども販売している。

メインのハンバーガーは「シングル・バイパス・バーガー」から、4段重ねの「クォドルプル・バイパス
・バーガー」まで、サイズ違いの4種類を用意。しかしその大きさはもちろんアメリカンサイズで、
シングルでも日本人にとっては当然タフなボリュームだ。さらにフライドポテトは「ピュアラード」、
つまり100%のラードで揚げている。

面白いのはこれだけではない。店員は全員セクシーな看護師のコスチュームに身をまとった女性で、
店長は医師の格好をした通称“ドクター・ジョン”。今月、同店の話題を取り上げた米ニュースサイト
MSNBCでは、4段バーガーを食べた客は車いすで見送ったり、フィルターなしのタバコを販売したり
といったサービスを紹介している。また、入り口のドアには衛生局から受けた「この建物はあなたの
健康に悪い」との警告が大きく記され、それすらも店の売りになっている印象だ。

さらにそんな同店が行っている特徴的かつ実にアメリカンなサービスが、「体重350ポンド以上(約160
キロ)の人はフードメニューを全品無料、無制限で提供する」というもの。ただし店側は、提供している
商品を食べた場合の危険性を指摘した上で、「死に至る場合もあるかもしれない」(英ニュースサイト
・ニュースライトより)と他人事のように警告している。

好き放題食べてしまうのか、健康を考えて避けるのか、すべて決めるのは客次第。頻繁に通うのは問題
ありそうだが、話のタネに1度くらい訪れてみるのは良いかも?

関連リンク
「ハート・アタック・グリル」
http://www.heartattackgrill.com/

http://www.youtube.com/watch?v=XGHhM4U2hx0

ナリナリドットコム
http://www.narinari.com/Nd/20101114545.html
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。