スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風俗嬢のホンネとタテマエ





■風俗嬢のホンネとタテマエ

この前、デリヘルの仕事で16階のホテルに行った時に余震が起こり、揺れにビビっていると、短小のお客様に「大丈夫だよ♪」なんてノーテンキに言われてしまいました。きっと、時間がもったいないと思ったのでしょうね…。私はかなりイラッとしました。

それでも、お客さんの前ですから、私は「○○さん怖いよ~(泣)」なんて弱い女の子の振りをしつつ、なんて自分は計算高い女なのだろう、と思いました(笑)


■風俗嬢のホンネは「早くイッてくんねえかな」

女の子は、お客を早くイカせて楽したいんです。フェラや手コキ、素股など、一人に長時間していると疲れるんですよ(笑)この後また別のお客さんにも同じことをしなきゃいけないわけですし…。慣れてない子なんか、手コキで筋肉痛なんてしょっちゅうです。


私は手コキで筋肉がつき、少し腕が太くなりました…(笑)

それに、長時間同じコトをしていると、それに自分自身が飽きてしまい、マンネリ化してしまいます。

イッてくれさえすれば、あとはイチャイチャ恋人ゴッコをしながら、お互いの話をして親密度をアップさせるのですが、これがプレイと比べると、断然ラクなんですよね。

ただ、早くイカせることができても、性欲が強い方だと「もう一回いいかな~」なんて言ってくるので、二回目に突入してしまうわけですが。

いかに自分に負担をかけずに、お客に満足させるのか。これを突き詰めていくのがプロです。私も手コキの技を日々研究してますし、風俗仲間連中の間でも、「素股の時どういう体制でどんなリズムでしているのか」なんていう話題も出ます。これについては、また機会を改めてお話したいと思います。


■早漏大歓迎!遅漏はちょっとしんどい

女の子にとって、一番ありがたいのは早漏のお客様です。キスから始まり、全身リップ、手コキと続き、そしてフェラ(!)に移るその前に、我慢できずにイってしまう方もいます。これは風俗嬢にとって、かなりありがたい話です。

そこで嬉しそうな顔をしてプレイを切り上げたりすると、手抜きだなんて思われてしまいますから、私は「もっとしたかったな~♪」と残念そうに言いますね。その後の余った時間、お客様とどう過ごしていくのかは、女の子次第です。

逆に、しんどいのは遅漏のお客さんですね…。例えばお客さんが40分のショートコースで入ったとすると、挨拶~シャワーなどで15分程度かかるので、20~25分でイカせなければなりません。そうすると、女の子が受け身をやる時間がないので、自分から積極的にリードして攻めます。頭の中では「あと何分だろう」なんて考えているので、なかなかイッてくれないときは、正直かなり焦っています(笑)

60分のコースだとしても、遅漏のお客様はなかなか我慢強いですし、ローションを使うと麻痺しイキにくくなったりもします。だから、イカせるのにあたって、オチンチンの立ち具合や反応、お客さんの表情を伺いながら、どうされるのが一番気持ちよさそうなのかを観察します。それか、ストレートに「どうされるのが好き~?」と聞いちゃって、それをフィニッシュ時の技として使います。遅漏の人にも必ず弱点はあって、人によってベストなフィニッシュは決まっています。たいてい手コキか、フェラ、素股のどれかです。

それでもイッてくれない場合、もしくはイカせるのがめんどくさい場合。表向きでは本番禁止のヘルスでも、風俗嬢によっては、本番を許してしまうことがあるんです。もちろん、それ以外のさまざまな理由で、ヘルスでもこっそり本番が行われています。
関連記事

テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

最新コメント
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。